はじめに

macromedia FLASH MX を用いると簡単にアニメーションを作成することができます。

もともとアニメーションソフトとして開発されてFLASHですが、その機能はアニメーションにとどまらず魅力的でインタラクティブなサイト作成が可能です。

今回、すべてを網羅するわけではありませんが意外とFLASH構築はどのように行っていけばいいのかわかりづらい面もありますので、私が知りたかったFLASHサイト構築の基本を簡単ではありますが見本サイトの作成手順をなるべく詳しく伝えることで目的を果たしたいと思います。

ここをスタートとして一人でも多くの方がFLASHサイト作成に興味を持っていただき制作してもらえれば幸いです。

macromedia FLASH MXは幸い、30日間の無料トライアル版をダウンロードすることができますのでソフトは手元にないけれどまずは試してみたいという方はこちらからどうぞ。
macromedia FLASH MX2004及びMX Professional 2004ホーム

2005年2月、現在では、上記のリンク先からもわかるようにMX2004とMX Professional 2004が主流となっているようです。

今回、ActionSprictがわかりやすいということで、一つ前のバージョンのMX(2004ではない)で説明していくような形が多くなりますが基本的には2004でもソース・機能等、それ程大きく違うわけではないので問題ないと思います。

サンプルサイトへ
サンプルサイト

こちらは、FLASHサイト構築の基本を学ぶために作成してみた自己紹介サイトです。
今回は、このサイトをもとに説明をしてみたいと思います。
さらにわかりやすくするために、サンプルサイトのtext部分をカットしたflaファイルをこちらからダウンロードできるようにしてみたので参考にしてみてください。

当サイトの説明とは、違ってサンプルファイルの各ページは、シーンによって構成されてますがそれでも十分参考になるはずです。
ダウンロード sample.zip(209KB)
解凍ソフトをお持ちでなければこちらのリンク先からフリーソフトをどうぞ。
+Lhaca