リンクをつけてみよう

このレッスンでは、テキストや画像にリンクを貼る方法をPROFILEページを例に簡単に説明します。

リンクの作成

構成としては、前回も書きましたがウインドウの動きを止めたフレームで別レイヤーに配置していくような形をとってます。

テキストツールで各テキストを配置し整列パネルを用いて配置していくといいでしょう。
フォントの種類やサイズの指定等はプロパティインスペクタより行います。

外部リンクの挿入

選択ツールでリンクを貼りたいテキストを選択して、プロパティインスペクタよりURLを入力します。

外部リンクの挿入02

わかりやすいように拡大してみました。青枠部分にURLを入力することで簡単に外部へのリンクを貼ることができます。

またターゲット指定で
_blank:別ウインドウでリンク先を表示させる。
_self:同一ウインドウでリンク先を表示させる。

別ウィンドウで表示させたい場合でなければ特に指定しなくてもいいでしょう。

メールリンクの挿入

また、メールへのリンクを貼りたい場合には、

mailto:xxx@xxx.xx.xxのように自分宛のメールアドレスを指定します。
これによってクリック時にメーラーより閲覧者がメールを送れるように指定できます。

getURLの設定

画像に外部へのリンクを貼る場合には、画像をボタンシンボル化して、getURLを用います。以下ソースとMXの場合の設定画面を表示させておきます。 

<MXの場合>
getURLの設定

ムービーコントロール→onをダブルクリック。Releaseにチェックをいれます。

on(release)でクリックしたときのような意味あいです。

getURLの設定

ブラウザ/ネットワーク→getURLをダブルクリック。URLを入力して、ウィンドウを指定。

特に変数は指定しなくてもいいでしょう。少し長くなりましたが以上で外部リンクの貼り方のレッスンはおしまいです。